田島隆は、世界各国のタンバリンやフレームドラムを演奏できる日本で最初の演奏家です。
幼少期より鍵盤楽器、管楽器、弦楽器、打楽器を習得し、また作曲もしていました。
その経験を生かして独自の演奏方法や楽器を製作し、かつてない方法論で音楽を表現しました。
ある日、彼は特別なタンバリンを作りました…2オクターブ以上の音域、スネアシステムとジングルコントロール……など
そのタンバリンはドラムセットや他の様々な打楽器の音を持ち、さらにスケールとメロディーを獲得しました。
そしてオリジナルのタンバリンと世界のフレームドラムを使ってソロリサイタルを開催しました。
その一方で、彼はジャズ、バロック音楽、ロック、クラシック音楽、タンゴ、ヨーロッパのフォークミュージック、そして日本の古典音楽を含む様々なミュージシャンと仕事をしています。
彼は世界中のフレームドラムを学ぶための教室を各地で持っており、またポルトガルのフレームドラム「adufe」を作るためのワークショップを持っています。
そして、ワールドフレームドラムフェスティバル「Tamburi Mundi」を含む様々なフェスティバルのメンバーです。
Back to Top